私達について
私達は、椿オイルに含まれる保湿成分が、最も多く含まれている、唯一無二の石鹸を自社工場で製造しています。

低温圧搾、低温製法、五島藪椿100%石鹸「YABU」
世界で唯一、五島からの贈り物です。

---------------------------------------------------------------
五島ヤブ椿株式会社
GOTO YABU TSUBAKI Inc.

設立
2016年12月9日

資本金
3,000,000円

所在地
長崎県五島市富江町松尾1913番地1

事業内容
五島藪椿を原料とした化粧品の製造・販売

創設メンバー
立石光徳(※)、佐々野俊男、網本定信、福元清秀、濱里恒敏

※代表取締役の立石光徳は、五島市商工会の会長であり、「五島の藪椿(ヤブツバキ)」を通じて五島No.1ブランドを創出し、五島活性化を目指すとともに、美容ローラーの「ReFa(リファ)」やEMS(筋電気刺激)トレーニング機器「SIXPAD(シックスパッド)」で知られるMTGの子会社である"五島の椿株式会社"の株主として、また椿酵母の第一人者として事業に携わっています。
---------------------------------------------------------------

<五島列島>
長崎県、東シナ海上に連なる大小140あまりの島々からなる海と山の豊かな自然に囲まれた場所、五島列島。古くは遣唐使の日本最後の寄港地となり、隠れキリシタンが信仰の自由を求め、移り住んだ島。空に向かう十字架、鮮やかなステンドグラス、静かに響く朝夕のミサの鉦の音など、歴史に彩られた自然と協会が数多く存立する。

<Goto Islands>
Off the coast of Nagasaki Prefecture, the Goto Islands are positioned in the East China Sea. The island group consists of more than 140 islands of varying size, all of which are part of a rich natural world of oceans and mountains. In the olden days they were the final port of call for Japanese envoys setting off to Tang Dynasty China, and in later history they were a sanctuary of religious freedom for underground Christians. Nature and churches, decorated by history – a cross rising towards the sky, the vivid colors of stained glass, the quiet echo of the sound of the bells of morning and evening mass.

<五島藪(やぶ)椿>
日本の椿オイルの歴史は古く、今から約1200年前、平安時代の初期にさかのぼり、食用、灯用、化粧用、不老不死の薬として珍重されていました。対馬海流の影響を受けて年間平均気温約17℃と最高低気温の幅が狭く温暖で、一年を通して過ごしやすい気候の五島列島は、昔から日本古来の藪椿が自生しており、島内の教会のステンドグラスや建物の各所に椿のモチーフがあしらわれています。

<Goto Yabu-Tsubaki>
The history of camellia oil use in Japan goes back as far as 1200 years ago, at the beginning of the Heian period. It was used as a precious oil for food, light, cosmetics and even medicine for immortality. The temperature of the Goto Islands is warm and only has an annual variation of 17 degrees, due to the influence of the Tsushima current which provides them with a pleasant climate throughout the year. There are many wild camellias of Japanese origin, which have become a motif on the stained glass of the churches and other buildings on the islands.

【 椿オイルの正しい知識 】
<日本古来種の藪椿>
椿オイルは、ツバキ科ツバキ属のヤブツバキの種子から採取される植物性オイル脂のことです。最近では、椿オイルを使用した商品が世の中に存在していますが、本来の椿オイルとは、日本人が昔から使い親しんだ古来の品種である藪椿(ヤブツバキ)の実から圧搾されたオイルのことを指します。ユチャなどツバキ属の種子から圧搾されたオイルの総称はカメリアオイル・カメリア種子オイルと呼ばれ区別されています。
カメリアオイルと椿オイルの違いは、オレイン酸(オレイン酸トリグリセライド)含有量にあります。人間の皮脂の構成成分であり、他にも様々な有効な効果があるオレイン酸を椿オイルは約85%含む一方で、カメリアオイルは約80%となっています。不飽和度を測る指標であるヨウ素価を比べても、椿オイルは約80であるのに対しカメリアオイルは約85が平均のようであり椿オイルの方が酸化しにくいオイルとされています。

<椿オイルの効能>
椿オイルはオリーブオイルと並んで代表的な不乾性オイルで、人間の皮脂の構成成分であるオレイン酸(オレイン酸トリグリセライド)を85%~と自然界で最も多く含んでいるオイルです。乾燥肌や荒れ性肌、日焼けした肌などのお手入れに適し、皮膚の新陳代謝を活発にし、肌の潤いやハリを高めるという効能があります。頭皮に使用すると髪にしっとりとした豊かな潤いと、弾力性を与え、紫外線を吸光し、様々なトラブルを防ぎます。

<国内唯一の製法>
"国内唯一、低温圧搾の椿オイル"
「YABU」石鹸の原料となる藪椿のオイル。日本国内では唯一、熱を加えない低温での圧搾方法で抽出しています。外からの熱は一切加えず、圧力だけで種子からオイルを搾りだす低温圧搾法。この方法で抽出された椿オイルを使用した石鹸は五島ヤブ椿以外に聞いたことがありません。なぜなら一般的な高温圧搾法に比べ、多くの時間と手間がかかるからです。しかし手間がかかる分、高温圧搾法で抽出された椿オイルと低温圧搾法で抽出された椿オイルでは、保湿力が2.5倍も違います。高温圧搾法や薬剤抽出したオイルを使用した石鹸を多く見かけますが、五島ヤブ椿の石鹸は圧搾方法も追及した製法を選択しています。

<Unique in Japan―cold pressed camellia oil>
Camellia oil, the main ingredient of YABU soaps, is extracted by a cold press technique that is the only such procedure in Japan. No external heat is applied, and only pressure is utilized to extract the oil from the seeds―‘cold press’. We have never come across any soap that uses camellia oil extracted this way other than our Goto Yabu-Tsubaki soaps, because it takes a lot of time and effort in comparison with heated compression. However, while it is a demanding process, cold pressed camellia oil has 2.5 times more moisture capacity than that obtained by heated compression. Soaps with oil obtained by high temperature compression or chemical extraction can often be seen, but our Goto Yabu-Tsubaki is created with the optimal extraction method for soap.

<低温製法(コールドプロセス製法)>
「YABU」石鹸は、自然の反応を利用して鹸化を進める低温製法(コールドプロセス製法)で製造しています。この製法はオイルの酸化速度が緩やかで、保湿成分であるグリセリンを十分に閉じ込めておくことができるため、椿オイルが本来の品質を壊さず、手作りならではの上質な石鹸を製造することが出来ます。この製法は、多くの時間や手間、技術や経験を必要とするため、品質管理も難しく、製造者が少なく、職人技として引き継がれています。

<Cold process manufacturing>
YABU soaps are manufactured with a cold process in which their saponification proceeds through natural reactions. This method allows the oxidation of the oil to progress more slowly, so that it contains plenty of the moisturizing element (glycerine), making a fine handmade soap. This method requires a lot of time and effort as well as a high degree of skill and experience, and because consistent quality management is a challenge, it is a rare skill that is passed on as a kind of craftsmanship.

<熟成>
低温製法の石鹸はゆっくりと自然の反応により出来上がります。その期間は、最低2ヵ月を必要とします。この期間、「YABU」石鹸は五島の海風を感じながら、温暖な気候により、唯一無二の存在に熟成されていきます。低温製法は、椿オイルの中に含まれていた保湿成分(グリセリン)がそのまま石鹸に残る、唯一の方法です。

<Maturing>
The cold pressed soap is made through a gradual natural reaction, taking at least 2 months. During this process, YABU soap is matured in Goto’s warm temperature and sea breeze, becoming a one and only material.
The cold process is the only method that allows the moisturizing component in camellia oil, glycerine, to remain in the soap without being modified.